意図しないで被るとヤダね

流行を追ったファッションは人とか被ってしまうことがあります。おそろいのように意識的に被らせたファッションは楽しさと面白さがありますが、意図せずにファッションが被った場合は相手に対して気まずさと残念感があります。 人と被ることを避ける為には個性的なファッションを心がける必要がありますが、店頭においてある服は流行に沿っているため、カラーや素材、柄が偏っていることが多いのです。人気のお店では自分と同じアイテムを買っている人は当然沢山おり、マネキンと同じコーディネートをしようものなら同じような趣味の人とファッションが被ることになります。 人気のアイテムを購入した場合、人と被らないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか? ポイントはアイテム使いです。ストールやバッグ、靴などを個性的な物にして、他の人との差別化を図りましょう。ファッションから感じる印象は一つのアイテムだけが影響しているわけではありません。その他のアイテムに気を使うことで全く違った印象を作り出すことができるのです。 意図しないで被ってしまった場合はそのファッションの傾向が流行にぴったりはまっている場合が多いので、流行に流されないようなデザイン性の物やアイテムを持っておくことで対処することができます。自分らしいアイテム使いを考えるとより個性を表現することができます。 また季節的に被るアイテムや色、柄があります。季節感ある色は想像することができるので事前に対処することが可能です。たとえば秋はカーキやベージュ、迷彩が人気があるのでそういったものは避けるか、あえて取り入れて人と違った組み合わせで勝負します。素材も冬はニットがメインになりますが、ファッションは季節感を大切にすることも大切なので、被ることを恐れず、思い切って取り入れましょう。その場合、定番の組み合わせだと人と全く同じということも避けられないので、例えばニットを個性的なカラーにしてみたり、下に合わせるアイテムを工夫しましょう。

打ち合わせしているならまだ

大勢で出かけるときに、人と被ったファッションをしたことはありませんか?打ち合わせをしているならまだしも、打ち合わせもなしに何人も同じというのはあまりにもいけてないです。被ったファッションセンスだとその人の個性がでないですよね?メンズで夏だったらとりあえず白シャツにハーフパンツだったり、被りやすいファッションはいくらでもあります。しかしここで重要なのは人と被らないようにするのではなく・・・ 詳細は見出し ↑↑